お知らせ&最新ニュース

県内最多2000人の門下生

国際空手道連盟極真会館 浜井派

はじめての方へ

空手は武道である

すべての武道は、いずれも厳しい自己修練を課し、その奥義を極めることによって自己の人格形成、すなわち人間としての正しい道を極めることを目指すものです。

極真空手は、この武道本来の意味を全うすることを本義に置いています。
また直接打撃制、無差別による実践的空手を通し、
相手の痛みを知ることによって、人間本来のやさしさを知るという理念も、極真の信ずる道です。

極真の精神

極真とは、『千日をもって初心とし、万日をもって極みとする』という武道の格言から発した名称です。
完成は無いと言われるほどの、厳しく険しい武道の真髄を極める意です。
極真会館に伝統的に受け継がれている精神である、
『頭は低く目は高く、口惜しんで心広く、孝を原点として他を益す』とは、
創始者である故大山倍達自信が、長年の厳しい修行人生の中で確立した極真精神です。
また一方では、極真の挨拶 『押忍』 の精神には、尊敬、感謝、忍耐という精神があります。
心身を練磨すると同時に、伝統や礼儀を重んじる極真会館での修行が、実生活にいかされると信じます。
極真空手浜井派は1975年石川に開設、中国、全国(9都道府県)、県内あわせ10000人、の会員数が在籍しています。OBをふくめると全国3万人の極真門下生がいます。毎年行われる全国規模の大会を金沢市で開催、主催しています。


2012年9月 いしかわ総合スポーツセンター

第30回北信越空手道選手権大会・第13回百万石杯空手道選手権大会の様子

極真浜井派主催

羽場道場へのお問い合わせ